いつまでも若くいるための美容知識〜スキンハッピーケア〜

美容オイルの活用

高価な容器

最近「美容オイル」のコマーシャルなどが増えていますが、皆さんはスキンケアなどにオイルを取り入れているでしょうか。「オイル」ときくとべたべたするイメージがあるので敬遠しがちかもしれません。しかし、美容オイルを上手に使うと大きな効果が期待できますし、スキンケアの時間も短縮できます。 まずは美容オイルを肌につける場合。お風呂あがりにそのままつけてもいいですが、それだとべとつきが気になるという方は普段使っている化粧水や乳液に一滴美容オイルを混ぜてつけるとよいでしょう。また朝はお化粧の前に洗顔をした後、リキッドファンデーションに一滴オイルを混ぜてから肌に塗ることをおすすめします。オイルを混ぜることによってファンデーションの伸びがよくなりますし、そのためファンデーションの使用量も節約できます。

美容オイルは髪の毛につけることもできます。 朝ブラッシングした後に美容オイルを少量つけることによって、髪のパサつきや広がりを抑えることができます。香りつきのものを選べばコロンや香水よりも自然な香りを身にまとうことができるでしょう。 朝だけではなく夜にも使えます。髪を洗う前に根元からブラッシングをしてから、手の平に美容オイルをつけ、頭皮をシャンプーするように指の腹でマッサージします。そのまま頭全体をタオルで覆ってからお風呂に入って五分ほど放置します。その後、お湯でよくすすいでから普段通りに髪を洗います。このひと手間によって頭皮の汚れをすっきり落とすことができます。タオルを巻いてお風呂に入ることでスチーム効果が期待でき、より効果的に頭皮のオイルクレンジングをすることができます。 オイルは安いものやベビーオイルなどでも構いません。少量でも効果が期待できるので、リーズナブルで家計にも優しい万能道具なのです。